家のことについて考える

IMG_4785[1]

現場日報ブログ

中古物件の取引

うちの会社は木造の注文住宅の建設や

戸建て住宅のリフォームを中心に仕事を

しています。それと併設で不動産業も

行っています、比率は9割が建設

1割が不動産っですが、昨年から土地の

売買の仲介 中古住宅の仲介などの仕事が

以前より比べて増えてきました、土地の売買などは

場所により価格がおおむね決まりますが

中古住宅はいろんな要素が価格に反映します

たとえば 立地 これは当たり前と思いつきますが

建物これは、非常に難しいです築年数などいろんなことで

価格に影響します。持ち家なら

いろんなところが経年劣化などで痛みます。

そこで、数年に一度計画的に屋根や外壁 水廻りの設備を

メンテナンスをしておくとどうなるか?

例えば、定期的にメンテナンスされていれば、業者としては

プラスの評価になります。でもそうでなければマイナスの要素が

あり評価が下がる可能性になります。

そうならないためににも、定期的 屋根の塗装 壁の塗装 水廻りの

メンテ修繕をしておくと、評価もあがりまた、マイホームも

長持ちしますよ。 でひお考え下さい。