階段の取付

IMG_5865-e1547800223828
IMG_5866

現場日報ブログ
新築現場の造作工事の様子です

いま現場は、工場で加工をされたものを

現場で組立てることが多くなっています。

自分がこの世界に入った頃は、骨組みの

構造材も大工さんか墨付けをして工場で

機械加工をするのがあたりまえでした。

当然時間はかかるし精度も今と比べると

すこし落ちていたと思います。

階段も同じことで、造作になると大工さんが

現場で階段の高さを測り、用意された材料に

墨付けして加工をしていました、でも今は

あらかじめ自分が寸法を測り工場に発注すると

ある程度加工をしてきます。楽になりましたが

でも、本当に楽になったかと思うと実はそうでも

ありません。階段のように三次元で加工するものは

基本階段の墨付けが出来る大工さんでないと

取付組立は出来ません。特に廻り階段は板の取付高さ

は、加工された階段材を測りそれから大工さんが

割り込みを行い取付ますどこで材料を切るのかも

計算して切ります、なので楽になったのは実は

現場で墨付けと加工をしなくなったことだけで

取付はやはり、墨付けの出来る、のみやかんなが

使える大工さんでないとつくることは難しいこと

だと思います。実際現場を見るとあちこち手加工を

しています。ありがたいことに弊社の大工さんは

みな墨付けが出来る大工さんで助かります。