構造計算はしなくて良いの?

ogu1
ogu2
岡谷市 新築物件の工事が進んでいます。

家づくりのこだわりはたくさんありますね。

間取りだったりキッチンだったり薪ストーブだったり
いろいろありますが、でもそんな家づくりでやはり
押さえておきたいことの、ひとつがあります。

それは骨組み 構造ですね。
なんで、おさえて、おきたいのかですね。

よく地震に強い家 強度がある家など
いま、基準法が整備され以前と比べていろいろ厳しくなっています
筋交いの量金物の量などだいぶ変わっています
どこの木造メーカーでも地震に強いと言っています。

でも、マイホームを木造でつくるお客さんの中で
ほとんどの人が知らないことがあります。

実は、先程基準法が厳しく変わったと書きましたが
確かに金物の量は増え筋交いも増えました
それだけで強くはなります、

本当に地震に強い家てどう証明するのでしょうか?
ほとんどの方が「うちは実績NO1の棟数だから」とか
の話になると思います

今の基準法では
骨組みの構造計算は義務化になっていないことを
ほとんどのお客さんは知りません
びっくりするかもしれませんが本当の話です

そこで本当に強い構造計算をした家の骨組みが
見れたらどうでしょうか。
基準法で証明された家を見たいと思いませんか?

そんな建物が岡谷市にあります。

興味がある方はメールで連絡下さい
こちらもメールで情報提供します。