最後の工程の差?

ito
ホコリなどの掃除
ito5
養生と着色作業
ito6
色の調合作業
itou7
昨日に続き塗装工事の開始です。

規模の小さい工事でも工程は同じと
話しましたが塗装工事も新築工事同様

枠の色合わせから始めます
細かいホコリなどを掃き出し
塗料が他に着かないように
養生してから色付け作業です。

色合わせは経験です、あとどのくらい
どんな色を調合するかまさに職人さんの
技能です。

今日塗装の職人さんから話がありましたが
弊社の木枠は刷毛の滑りが良いので
きれいに仕上がるとのこと

理由を考えましたたが、木枠を加工する時の
最後の工程が違うことが理由でした。

弊社は仕上げの最後に木の表面を
薄く削る専用の機械で仕上げます
以前は大工さんがカンナを使い
手作業でしたが、今は機械で
削ります。と言いうより
スライスするイメージですかね
0.0何ミリの世界です。
そうすることで刷毛の滑りが良いとなりました。

他はよくわかりませんが、最後の工程の違いで
仕上りが違う事を今日塗装屋さん教えてもらいました。

材木にもグレードがあり見える材料は
グレードの高いものを使用しています。

元は材木屋ですから。