ブログ

og428
og4280
新築工事の造作工事途中です。

天井は石膏ボードは貼れ
壁には断熱材を入れた状態です

これからが細かい作業の連続です
ひとつひとつ丁寧に進めていきます

これからは一日で変化がわかることと
昨日と大きく変化していないところが
目でみてわかるようになります。

見えないところに手間をかけるたため
進んでいない様にみえますが、そこに
手間をかけないと、こだわった
仕事が出来なくなくて、お客様に
良い家が提供できないからです。

何年も住む家です
そこにはしっかりこだわりたいです


ta1
ta2

新築工事の打合せをしているお客さんから
太陽光についても検討をしたいので教えて
欲しいと連絡がありました。

新築の時に太陽光の発電設備を
付ける方が多く、昔より数が増えて
いると廻りをみてそう思いました。

新築の場合太陽光の設備をつけると
その分費用は高くなり、借入額も増えます
しかし発電した電気を昼間売って夜電気を
買うようにすると電気代が節約になります。

今は、以前と比べ売電金額が
安くなり、税抜き28円なので
そこを、シュミレーションをしてあげて
資金計画をしてあげないと、効果がない
ことになりかねません。

それに、以外に知らないことで、
勉強されているお客さんは知っていますが
太陽光の売電の期間は10年間契約時の
金額で買い取りますが、11年目からは
買い取り価格が大幅に下がります。

このことって、売る側も買う側も
認識をしていないと、おおきな誤解が
発生するので、太陽光を付けるときは
よく検討しましょう。

地球温暖化のために載せる気持ちが
私は良いと考えます。
ogt1
吹抜け
ogut2
トップライト
ogt4
ogt3
3月に構造見学会を行った
新築現場に行きました。

3月の時は骨組みだけでしたが
だいぶ進んできました。
外部は吹付工事中でよく見えませんでした。

内部は大工さんが壁貼りの途中です
このお宅は、施主様がほとんどの壁を
塗り壁で仕上げるそうです

こちらは、材料をいくつか提案して
施主さんが気に入った材料を提供します。
そんなこともあり構造見学会は
壁塗り体験会を行い、施主さまにも
壁塗りの練習をしていただきました。

壁を自分で塗る体験はなかなかできないことです
お施主さまにも家族にもいい思い出づくりが
できると思います。

自分で壁を仕上げるとマイホームも愛着が沸きますね。
nay1
nay2
岡谷市の高台の解体工事です

手壊しなので機械で解体するのと違います。
現場に行くと敷地内がだいぶ解体され
広くなっていました。

今日は天気が良く敷地内からまわりを見ると
良い眺めです。仕事で現場にきているので
まわりの眺めの良さに気づきませんでした。
これから敷地が広くなると、障害物がなくなり
より眺めがよくなりそうです。

そしてさらに良かったことは、先日ご近所さんに
ご迷惑をかけていないか、心配になり
ご挨拶に行ったところ、ご近所さんから
「ほこりは少ないし音も思っていた程
うるさくないですよ。」と言われ良かったと思いました。

またその方は、私の施主さまにも電話をして頂き
「とても丁寧に解体しているので安心して下さい。」と
電話をしてくれたそうです。

その電話を聞いた施主様が御礼を
言いに弊社までわざわざ、来てくれました。。
まわりのご近所さんや施主様に感謝しないといけないですね。
as1
as2

昨日は半日打合せがあり、仕事でした。

また昨日は午前中は地区の行事で
地域の環境整備でボランティアの活動をして
いました。

その時地区役員さんから
お話があり地区にある
神社の修繕につて
見積をして欲しいと
相談されました。

私は時間を取り
地区役員さん数名で
神社に行き現地で説明を受けました。

網の修繕から屋根の塗装など
見積をいただきました
すべてが仕事につながるとは
限りません。

しかし地元で建設の仕事をしていて
地区のかたに声をかけて頂き嬉しく
思います、これも昨年まで地区の
区会の役員として2年間、区政に
携わっていたのでそのおかげもあると
思います。

できるがぎりの金額を出して
地元に貢献したいです、
やはりカク山に依頼してよかったと
思って欲しいので。

hk1
現状
hk2
現状
hk3
検討中
hk4
寸法取り
2年前二世帯住宅の増築工事をしたお宅から
連絡を貰いました。

2階に直接外から入りたいと希望があり
構造的にとても難しく、どんな形で施工すれば
良いのか、職人さんと考え、瓦の屋根の上に
鉄骨で階段を作りそして渡り廊下をつくり
つなげました。

今回は雨や雪が降ると、家の中に雨が入ってしまうので
その渡り廊下に屋根と壁を作り囲いをしてほしいと
見積を出すことになり今日寸法を測りに行きました。

また現地で検討して何とか方向性がでたのでの
見積が出来ますが、今回も難しい仕事になりますが
一度仕事を貰いまたお声をかけて頂いたことに
感謝して見積をします。

たくさん建設会社がある中でまたカク山木材建設に
声をかけて頂きうれしく思います。
oa1
oa2

5年程前に改修させて頂いたお客さんから
電話を貰い内容は、お風呂の換気扇が
壊れたので見て欲しい依頼でした。

その家は、普段は生活には使用していませんが
温泉を敷地内に入れてあるので
いつでも温泉に入れると言いうことで
別荘のような感じで使用しているお宅です。

建物はだいぶ古いので5年前に改修した時も
かなり時間をかけて納得がいくように直しました。
換気扇は弊社の取付ではないですが、ご縁があるので
修理するつもりで訪問しました。

換気扇は壊れていたので交換することになりましたが
お客さんから勝手口のドアと畳の部屋の床が
具合が悪いの合わせリフォームしてほしいと
依頼され、私は早速お客さんに

「見積を作成してお届けします。」 と言いうと

「見積はいいから仕事をしてくれ」 と返され続いて

「前回の時に一緒直せば良かったけど今回換気扇と
一緒に直して下さい。 仕事の内容は前回見ているので」 と言われて

自分も少しうれしくなりました、建物は古くて
当時、時間がかかりましたが、その時の仕事が評価されたので
良かったです。これもご縁があり引き寄せたのかなと
思いました。

どんなことでも、足を運んで見ることが大切で
それでお客さんも満足してい頂けるなら良いですね。




na3
na4
na5
岡谷市 高台の解体工事

手作業で解体を進めています。
改めて機械と車両の重要性に
気づきます。

機械が入らない所では人の力に
頼らなければできないことも
気づきます。

高台にある建物も築60年以上です
そこに機械が少ない時代に
木造で建築をした、職人さんの
パワーにも頭が下がります

新築した当時の職人さんの
知恵や技術はすごいことと
解体をするだけで思い知らされました。
当時は普通に建築していたのでしょう。

順調に作業が進むと思っていたら
今日変更があり
ミニバックホーが下から上がれず
隣の土地を借りて
クレーンでミニバックホーを
吊り降ろさなければ
作業が出来ないとなり
作業変更になりました。

これも現在の知恵と技術と思いました。
as1
as2
朝から東京で研修会でした。

知り合いのリフォーム店の社長さんから
ある塗料メーカーさんを紹介され
塗装工事の提案で新しい塗料を使い耐候性に 
優れているメーカーさんと契約をしました。

 その技術研修会があり出席して
1日勉強して 充実しました。 

弊社で建てたお客様に
マイホームの 外装に
新しい塗装工事をしてもらい
 長く住んで頂けるように
してもらいたくて 
採用しました。

 耐候性は約15年程度
メンテナンスがいらない 素晴らしい塗料です。
 これから弊社で建てた
お客様にはチラシが 出来次第ご案内します。
na1
na2
na3
今日から岡谷市内の解体工事
打合せのときに日本カモシカが出た場所です

高台で作業はすべて手作業でまた機械も
車両も入りません。
仮設の滑り台をつくり
その上を解体したものを
落とす予定です
今日は仮設の滑り台の作成です
これからが本格的な解体に入ります
経験のない解体に挑戦です