ブログ

miys
IMG_0465
今日は以前お仕事を頂いた
お客様のところへ訪問です。

一件目は、給湯機の調子がおかしくて
サービスさんに見て頂いたところ
年数も経っているので交換することになりました。

また、交換工事も弊社に電話を頂き
依頼してい頂きありがとうございました。
また、長くお使い下さい。

もう一件は、今年引き渡しをしたお客さんです
以前に依頼されていた工事について
工事の準備ができたので、工程の
打合せを兼ねて入居後の様子も
伺がってきました。

奥様からは
食品庫などの棚板の追加を相談されて
見積を出すことになりました。
生活がスタートとすると必要になる物が
でてきます。今日訪問して話が聞けて
良かったです。
引き渡したあとでも電話や相談される会社でいたいですね。

IMG_0562
IMG_0565

造成工事の途中経過です

昨日までに鉄筋工事が終わり
一回目のコンクリートを打ち終わりました。

これから型枠工事に移ります
また進むごとに報告します。

きょうは以前から設計の確認申請を
していた物件が許可になり
書類を引き取りに行ってきました。

これで今月に入り確認申請を自社で申請して
許可になった物件は2件になりました。
工事の準備も急ピッチで初めたいと
思います。充実していきました。
IMG_0507

si

システムバスのリフォームが終了しました。

夏場の暑い時期早く使えるように
工事をしました。

また今回は自分の中学の後輩の
自宅でもあり、また電話で問合せも
頂き本当に感謝して工事をしました。

なかなか、知っていても電話を
掛けれないことが多いなか
声をかけてもらいよかっかたです。

ご家族の感想を聞くと
「ここにいままでのお風呂をとは
まったく違い快適に使っている。」

「手摺も多く付けてとても使い易い」

などの感想を頂きうれしかったです。
これからもよろしくお願いします。
IMG_0479

IMG_0488

見えなくなってしまうところが大切です

当たり前のことですが
ここがキチンとできていないと
見た目がよくても
何かあった時にはもう遅くなります

筋交いの補強や梁をつなぐ
羽子板ボルトなどです

これも経験や勘だけでなく
壁量計算と言いう計算にもとずき
補強しています。

しかし、計算だけでは解決できないものも
あります。それは現場での感覚です
これはさすがに経験と勘が必要になります。
そして、これは職人さんだけのことでなく
現場を監理している自分のようなものも
この感覚は大切にしています。

長年かけて経験した感覚であとで
トラブルになりそうなケースは
いくら計算のとおりでも梁を大きくするとか
金物の補強を多くくするとかしています。

計算も経験も両方必要ですね。
IMG_0461
IMG_0459
IMG_0463
IMG_0458
岡谷市で造成工事を始めました。

不動産さんから昨年見積の依頼があり
見積のための測量などを行なっていました
ここでやっと工事が決まり着工することに
なりました。

工事内容はまず1区画の造成です
そのあとからまた次の区画の計画のようです

新築でも不動産の土地売買でも
計画から一年は普通にかかることが
あります。
なのでマイホームは色々な準備が
多くあり以外に時間かかることが
あります。
マイホームの計画はゆとりを持った
計画がいい家になる条件になりますよ。
IMG_0392

IMG_0376

建替え工事の準備です

昨日梅雨が明けたとたんに
朝から猛暑で辛い日なりました。

今日から新築工事のための
地盤調査を行いました
本来建替えなので解体後に
正確な建物の位置を出してから
調査を行いますが今回は
お施主さまから地盤が心配で

「もし地盤が弱くて地盤の改良になると
費用が変わるので資金計画に影響するから
先に調査をして地盤のおおよその
強さを知りたいので調査して欲しい。」

と依頼があったので実施しました
契約はもう済ませてありますが
地盤の強さは調査してみないと
わからいことが多いのでお施主さんと
したら先に状況がわっかていると
不安が消えます。また逆に安心します。

そうすると、工事もスムースに取り掛かれます
結果は3日後
お施主さんが安心できますように。

IMG_0347

IMG_034

建て方の作業です。

柱を建て順調に作業は
進んでいました。

暑い日になり厳しい状況にも
職人さんは元気に仕事をしていて
くれます。

本当に感謝です。
梅雨も明けて夏本番ですが
ここまで雨が降らない梅雨なのに
今日の夕方に限り夕立ちが
降り作業に遅れが出ました。

梅雨が明けたのに少し残念でした。
写真の作業は柱がまっすぐに
なっているか専用の道具で
目で見て確認しています
傾いていると金属性の道具で
巻き上げて傾きを直します
この作業が家の品質に大きく影響します。
現場では「メモリ一本分右に寄せて」
と言いながら作業しています。

IMG_0322

IMG_0326
ayy

ayyu
ayyk
橋に補強?

建築工事に関係があるの?
あるんです。建物を建てる時
材料吊り上げるために
クレーンを使いますが
今回の現場は、敷地が狭くまた
橋を渡らないとクレーンがセットできません

また狭い敷地なのでクレーンも
特殊で小さいクレーンを用意します。
専門用語でミニラフターと呼んでます

ですので重量も重いので
既存のコンクリート製の橋が
壊れると困るので、橋の上には
鉄板 下からはサポで突き上げ
補強をしてクレーンをセットしました。
ちなみに、タイヤの前輪の重さで
6トンあるそうです。

その理由から橋の補強は
安全で安心して工事取り掛かる
大切な工事でした。

あとは無事上棟することです。
IMG_0341

IMG_0333

システムバスの入れ替え工事

今日はシステムバスの組立です
朝から工事店さんが来て仕事
開始です。
朝の工事前の打合せを行い
スタート。

今日は設備屋さんと電気屋さんも
午後にきて水道の接続 電気の接続を
行い工事終了しました。

最後にお客さんには
明日からお風呂にはいれることを
伝えるとほっとした様子で
喜んで頂きました
施工をする側もお客さんの立場に
なってこの暑さなので一日も
早くお風呂に入れるように
してあげることが大切だと
考えています。
IMG_0295

IMG_0310

IMG_0303

IMG_0271
IMG_0286

増築工事の上棟準備です

手加工で刻んだ材木が
運び込まれました。

大工さんによって土台敷の
作業です加工した土台は
本当に手で加工をしたのかと
思うほどの正確さです
組合せがピッタリです。

やはり長年の技能は
付け焼刃ではありません
自分たちの仕事も
そう思い過去の実績と
今まで経験したことを
自信に変えて施工していきます

できてしまうと隠れてしまうところ
PC加工が主流ですが
手加工ができる職人が作るのか
また、手加工ができない職人さんが
家創りをするので仕上りと品質
価格が変わると思います。

家をつくるのに細部に渡り
熟練の職人がいい家を
つくり長く住める家になると
信じています。地味で目立たない
ところは特にこだわっています。

家は品質が良いのはあたりまえですから。