ブログ

IMG_3365

IMG_3368

現場ブログ

外壁の塗替え工事
今日から本格的
工事です、今までは
塗装する準備段階でした
職人さんも3人態勢で
開始しました。

写真は塗料と壁の
接着を良くする
接着剤の役割を
果たす塗料です。

明日は中塗りそして
仕上げと進みます。

施主様は今までの
色とイメージを変えたい
と要望があったので
がっらと色のイメージを
変えました。
この外壁の色が
どんな風に変わるのか
楽しみです。


IMG_3319
現場ブログ

塗装工事を開始しました。

階段の手すりやキッチンの
カウンターなどに色を付けて
行く作業です。

周りのいろに合わせる
かたちで、一般的には
扉の色や床のいろに
合わせます。

今回は扉ののいろにあわせて
施工しています。
写真は一度いろを付けた
ところが平になるように
ペーパーやすりでたいらに
している所です。

ここはいつも手がふれるので
とくに丁寧に仕上げています。

現場ブログ

昨年講習会で受講した
既存住宅状況調査技術者の
資格を取得したことで
不動産屋さんから
電話の問い合わせがあり
今日打合せに行ってきました。

情報源は取得した団体の
ホームページに登録をした方が
一覧になっているそうです。

自分は知りませんでした (笑)

それを見た不動産屋さんが
連絡をくれて話の内容は
中古物件の売買が
決まりそうなので
時期をみて既存物件の
状況調査を依頼したいと
言いう話でした。

今年の4月に宅建業法が
変わることを知っていたので
どんなことが調査の内容に
なるか、自分のために
勉強になると思い受講を
受けました。

その時は調査をすることが
目的でなかったので
こんなに早く依頼が
来るとは予想はしていません
でした。

連休以降に調査の準備や
書類の用意を始めたいと
思います。新しいことに
チャレンジです。
IMG_3316

IMG_3317

現場ブログ

外壁塗替え塗装工事の
様子です。

先週から工事を開始して
壁の汚れを水で洗い流し
ました、今日からは

サイディングの目地と
呼ばれる部分がだいぶ
経年劣化して本来の
防水機能を果たして
いないので、悪い部分を
すべて撤去して新しい

材料でコーキングを
します、これによって
また長い期間雨水の
侵入を防ぐことが
できます。

今回塗替えも当初の
目的でしたが
やはり20年以上
経過すると本来の
防水機能もあわせて
改修をしないと
効果がありません

今回しっかり改修しておけば
また長い期間安心ができます。

その分少し費用はかかりましたが
お施主様は安心をしています。
IMG_3293

IMG_3289

現場ブログ

新築工事の木工事が
終了になります。

建物が大きかったので
大工さんも大変だったと
思います。

明日から仕上げ工事の
業者さんを予定しています。

連休を挟みますが
準備よく進めたいと
思います。
IMG_3298

今日は午前と午後
それぞれマイホームの
相談のお客様に
ご来場頂きました。

建築の条件などは
家族構成や土地の
あるなしなどが
ありますが共通して
いることもいくつか
ありました。

ひとつは無理なく返済が
できるのか?

ふたつ 年金は65歳までは
貰えないのでどうするか?

さんこ 住宅ローン控除は
聞いたことがあるが詳しくは
わからない

よんこ 繰り上げ返済のかしこく
返す本当のやり方

まだまだありますが
以上が今日 共通して
話をしたことです

これって住宅を提供する
立場からすると
いいプランの提案より
いいライフ生活を
送るための提案が
さきに話が出来ないと
いけない話です

なので今日プランの
打合せはやめのて
マイホームを購入して
どんな楽しみな生活を
考えているかの資金計画の
話をして2組さまに
お帰りになってもらいました。

避けて通れないことは
さきに解決することが
大切です。
IMG_3287

IMG_3282
現場ブログ

知り合いの不動産屋さんから
連絡があり塗替えの相談を受けました

今回初めて私のところに
依頼がありました。
長い宅建協会での
お付き合いがありますが
仕事の紹介は初めてなので
気合を入れて現場に伺いました。

今日はオーナーさんと
不動産屋さん、私で
顔わせです。また工事内容を
聞いて見積をすることになりました。

紹介の理由はいままでの
お付き合いの中で
自分がやってきた
行動などを評価して
頂きました。

この評価に負けない
仕事でお返しをしたいと
思います。
ばかまじめな人間なので
AMERA

ITAL CAMERA
現場ブログ

改めてマイホームの計画で
必要なこと一丁目一番地は
敷地調査です。

相談中の物件で場所を
聞いて現地調査に行きました。
お話のとおり農地でした
そこで、公図を取り寄せ
謄本で所有者確認をしました。

ここまでは順調 と言いうより
普通の流れで事務作業が進んで
いました。すると敷地の一つに
所有者と違う名義が出てきて
しまいました。

そこでお客さんに相談に
行ったところ大昔の親族の
名前だそうです。
相続もできない状態で
問題の場所のようでしたが
敷地調査のおかげで
計画を進める前に
問題点が発見できて
良かったです。

また、そのことをふまえて
マイホームの計画がきるように
なりました、これがもし
調査無しで、お客様の希望の
とおりプランを作成して
契約まで済ませていたらと
考えると ぞっとします。

やはり、基本のとおり
一丁目一番地は大切です。

IMG_2495
IMG_3032
現場ブログ

20年前に新築をしたお宅の
外壁塗装工事が決りました

他の会社さんからも見積りが
出ていたそうです。
弊社の方が金額は予算が
オーバーしていたと思います

でも、今までのお付き合い
毎年の年末のカレンダーの
お届けや昨年から始めた
定期相談会の案内状の送付
キャンペーンの通知などで
信頼が築けたと自分で思って
います。

予算より少しオーバー
していますが、工事内容に
ついても、一般的な塗料でなく
将来に渡って塗替えの回数が
少ない塗料で提案しました
その分予算がオーバーしたと
思いますが、お客さんも
納得をしていました。

地道に信頼を作る事
これが一番必要で
努力しないといけないと
思いました。
IMG_3265

IMG_3263

今日の現場ブログ

昨日春の嵐で朝から雨
風も伴っての雨が降りました

朝 不動産屋さんからの
電話で雨漏りの現場が
あるので調査して
見積を至急作成して
欲しいと依頼がありました。

お世話になっている
不動産屋さんなので
今日の予定を調整して
現地調査に行くことに
しました。

理由は雨漏りの場所が
乾いてしまうと原因が
特定できないことが
あります。

鉄は熱いうちに打て

ではないですけど
日数が経つとわからい事
多いからです。
早速現地で調査開始です
考えられる場所を
目視して見当をつけ
最終作業は定番の
ホースで水をかけて
雨が入ってくるか
時間をかけて見つめます。

そんなことを約5分
水が出てきました
これで原因の特定が
わかりました。

不動産屋さんに見積を
出しました。これで
本来の業務は終了ですが

今日はそのあと不動産屋さんから
「オーナーさんの許可をもらったから
すぐ工事の準備をしてくだい。」
とのこと

私も早く行動したつもりですが
不動産屋さんはさらに行動が
早かったです。さすが頭が
下がりました。