co.co.to ~子供とともに育つ家~

co.co.to
co.co.to2
子どもも親も育っていく場所。
家づくりもそこから考えたい。

子どもたちは、家という「空間」で育っていく。親子のふれあいのなかで親も育っていく。子育てという、かけがえのない経験のなかで…。
つまり家は みんなが育っていく場所。それならば“みんなが育っていく場所”をつくるという発想で、家づくりを考えてみてはどうだろう。
たとえば親子のふれあいが自然に生まれる空間があったり、子どもたちの想像力を育むような仕掛けがあったり…。
いつもみんながつながって、みんなで成長していく家。それが co.co.toです。
co.co.to3
家族がつながる仕掛けが、いたるところに。

家の真ん中にステージがある家。そこは家族のコンサート会場になったり、クリスマスツリーやおひなさまが飾られたり、なにをしても自由なステージ。
あるいはジャングルジムみたいなちょっと変わった階段がある家。子どもたちの遊び心を刺激する、そこは楽しみの尽きない場所。その他にも、空中に浮いているような書斎や、秘密基地みたいな広い三和土(たたき)があったり、co.co.toには家族が自然にふれあい、つながっていく仕掛けがいっぱい。
それと、空間が開放的なのもco.co.toの特長。仕切りが少なく、吹き抜けで1階と2階がつながっているから、家族みんなが別々の場所にいても存在を感じ合えて、 コミュニケーションも生まれやすい空間になっています。
co.co.to4