お客様の声

岡谷市Ⅿ様邸

マイホームの実現に向け、住宅メーカー選びに奔走。
あらゆる住宅展示場を見て回ったほか、カク山木材さんの完成住宅見学会にも行きました。
既製品を使ったメーカーとは違い木材業ならではのぬくもりを感じさせる木の素材の魅力と宮沢社長さんの人柄にひかれて最終的にカク山木材さんにお願いしました。
1階は20畳あるLDK。
大きな窓と壁の色、木の梁を天井に取り付けたことで部屋全体を高く、明るく、広い空間を叶えてもらいました。
キッチンの奥には人目につかない食品庫を備えました。
2階は10畳の寝室と主人の仕事に必要な書斎。
将来的に仕切れる子供部屋を確保し、一部3階には広さ6畳ほどの『隠れ部屋』があり物置として利用しています。
訪問客から「建物の構造がしっかりしてるね」とよく言われます。
建築にあたって私どものご無理を聞いてくださり、丁寧に作っていただきカク山木材さんにお願いして本当に良かったと思います。
満足しています。

岡谷市H様邸

築200年の歴史を持つ、かやぶきの家でこれまで部分的にリフォームをしてきましたが県道の拡張工事に伴い新築を決断しました。
以前、古民家を取り壊した新築住宅の完成前の構造見学会で初めてカク山木材さんの存在を知りました。
旧家と共通性があったこと、木をふんだんに使った温かみのある構造、それに宮沢社長さんの感じのよい人柄で「カク山さんにお願いしよう」と決めました。

木造二階建て、延べ床面積50坪。
家の周囲を歩けるゆとりスペースを設けました。
1階は12畳の和室と20畳ほどあるLDK。さらに吹抜けにしたことと大きな窓を取り付けたことで部屋全体が明るい上、開放された気分になり、来客もうらやましがるほどの広さです。
また長年住んでいた家の思い出を残そうとケヤキの大黒柱、蔵の梁などを下駄箱、板戸に再利用しました。
冬期間は建物全体に柔らかなぬくもりが伝わってくる薪ストーブを設置しました。
室内は換気システムが働き、湿気を防ぎます。
屋根裏から諏訪湖が一望できるロフトは自慢のひとつです。
基礎工事は土台を地面から1m以上上げたことで大雨による水害の不安を解消、地震にも強い長期優良住宅でご近所の方からも「カク山さんに頼んで良かったですね」と言われました。
手抜きもなく、すばらしい職人さんばかり安心して任せることが出来、満足しています。

岡谷市H様邸

2006年の豪雨災害で、県の災害復旧工事に伴いどうしても建替えざるを得なくなり急でしたが以前にもカク山さんで新築をしてもらったので今回もお願いしました。
1階は和室とLDK。
和室は来客でも対応出来るように8畳と6畳の続き間にしました。
2間とも物が置け、収納できる地袋を設けました。
採光設計と壁によりより性能の優れた断熱材(発砲ウレタン)を用いたことから冬はたまにエアコンを使う程度。こたつはありません。夏は涼しく快適な生活を送っています。
33㎡あるLDKは広く明るく、照明もおしゃれです。

2階の子供部屋には機能的で使いやすい固定式のマガジンラックが備えてあります。
また、広いベランダに通じる1室の外にサンルームを設けたので雨の日でも洗濯物を干すことができます。
収納スペースも広く設計してもらいました。
晴天時には日差しが指し部屋全体が明るいく廊下を広く確保したので開放感があります。
細かい配慮と便利な生活が出来ています。

岡谷市H様邸

築84年の家を取り壊し、平成20年5月に着工、同年10月に完成しました。
新築が決まってからはいくつかの住宅見学会に行きました。
昔から地盤が軟弱な場所でしたので、しっかりとした基礎工事が出来る業者を選定したいと考えていたところ「カク山木材さんは高い施工技術と実績がある」と聞きましたのでお願いしました。
設計する上で、木の香りとぬくもりを感じる和風造りを希望しました。
木造二階建て、延べ床面積57坪。
1階はリビング・キッチン、玄関に近い8畳の和室には中床と書類などを収納する押入を設けました。
ダイニングキッチンと和室(リビング)の間は襖で仕切れるようにしました。
1、2階とも合理的な収納をふんだんに計画したのでいろいろな物が収まるので便利で助かります。
内装はしっくいで仕上げた、柔らかさがあります。
廊下をはさんだ和室は大勢の来客にも対応できるように8畳2間の続き間にしました。
檜の太い柱と魔除けとされる槐(えんじゅ)の床柱は自慢の一つです。
とても暮らしやすい家でカク山さんは熱心で親切に対応してくれるの安心して任せることが出来ました。

岡谷市A様邸

部屋の採光を考えて、1階から2階まで窓を多く設け、明るさは倍増。
しかも吹抜け、さらにリビングから2階までは素材の木材を生かすためにあえて『むき出し』にしました。
それが何とも言えない落ち着きと部屋全体のぬくもりを感じさせてくれます。
カク山木材の宮沢社長とは昔から親交があったことから建築を依頼しました。
木造二階建て、延べ床面積は50坪。長男夫婦と同居する二世帯住宅です。
単純な二階建ては好きではなかったので部屋の配置やアクセントをつけた屋根を設計の段階から考えました。
1階は和室とリビング・キッチンを合わせて30畳ほどの広さ。
また家族同士のコミュニケーションが図られるように2階への階段は玄関先からではなく、リビングからにしました。
内壁は白のしっくいを職人さんの手塗りで仕上げたので柔らかさが伝わってきます。
風呂や脱衣所も広く確保、環境にやさしいエコキュートを採用しました。

2階には、友人や知人が訪れてもわざわざ1階で調理しなくてもいいようにミニキッチンを備えました。
快適でくつろげる空間のバルコニーは心を和ませてくれます。
夏は涼しく、冬は暖かく、1年を通して快適に暮らしています。カク山木材さんにお願いして本当によかったです。