ブログ

IMG_5048
イメージ写真です
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

土地について注意したほうが良い事を
前に書きましたが、もうひとつ大事な
ことを伝え忘れていました。


よく、お話があるケースで親の土地が
空いているので、そこに建物を建てる
ケースがあります。



お子さんは土地の購入費用がいらず
親は子供が近く来り、先祖からの土地を
有効に使ってもらえるなどお互いにいい事です。




ここで注意です 実例の土地ではありません。




この土地は本当は誰の土地になっていますか?
ちょっと難しい話ですが土地の権利者がだれで
誰の名義になっていて、さらに所有権になっているか?



専門的ですが、マイホームを建てるときは
土地と建物の名義が同じが一番良いですが
よくあるケースで親が所有している土地に
お子さんが建てることは可能です。




その場合使用貸借と言いうことになります。
その土地が前に書いた農地の場合は手続きが長くかかります
その土地の名義が、おじいちゃんやおばあちゃんの名義



さらにその前の人になっているとこれ本当に大変です
実体験で書くとそのケースは、過去にさかのぼり
おじいちゃんやおばあちゃんの子供全員から
相続放棄を言いう手続きが必要となります。



その場合、おじいちゃんやおばあちゃんの子供さんが
生存されていれば、良いですが、そうでないと
その子供さんが対象になり、相続放棄人の数が
倍 3倍 4倍になって結果相続が出来ずに



マイホーム計画がダメになった経験があります。
この場合は建て主さんや親の方、さらに工務店も
いい事がありません。


なので、家を建てるときは
土地の地目     宅地
土地の境界の明確  実測量
土地の名義人    親もしくは本人



以上が注意ですが、もし相続されていないことが
初めからわかっているとこれはまだチャンスがあります
何も知らずにマイホームのプラン作りをする人とは
大きく変わります。



その場合 司法書士さんに依頼して
時間をかけて相続できるように
手続きを依頼して下さい。
費用は掛かりますが、マイホームは建てることはできますよ。



自分の場合はダメでしたので
そんな、思いをする人がすこしでも
減ることを願っています。
IMG_5018

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

連休中に新築リフォーム相談会を行いました。
ここで3年が過ぎて4年目に入りました
初めは2か月に一度の開催でしたがいまは毎月です。



今回もOBさんを中心に3組の方のご来場がり
本当にありがとうございました。








OBさんの相談内容は具体的な話が多く
お互い信頼関係ができているので
話が早く、次回のアポもとれたOBさんもいました。



また見込客さんもハガキをもらったと言って
何年か先に新築を計画したいので
話を聞かせて欲しいと来場されました。



そこでは、マイホームづくりで注意することや
どんな会社さんがいいのかなど話を
させて頂き、カタログをお渡しして納得してお帰りに
なりました。







これからの家づくりを考えているお客さんには
カク山木材建設の家づくりを説明させてもらいました
どんな思いで家づくりに取り組んいるかなどです。



ここの思いが自分では一番伝えたいことだったので
しっかりお話さて頂きました。
IMG_5009
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

リフォーム中の現場の様子です。
骨組みのみにして内部を新しく
つくり直す工事なので今は柱と土台のみ



テレビ番組である ビフォーアフターのような
リフォームをしていると思って下さい
でもこの仕事は本当に難しい工事で現場監督歴が
長い自分でも、現場に行きどう形にするか悩んでいます。



そして今日も予定外の工事が発生
工事が変更になりました。
でもその工事は必要な工事でやらないと
いけない工事でした。





IMG_5040


解体をしてみると重要な柱の下に基礎がありません
急遽 基礎をつくることにして工事を開始しました
今回のようなことは、解体してみるとよくあることです



基礎を作らずそのままにしておくと
どうなるかと言うと今回工事をして
建物重さやバランスが変わります。




重要な柱の下には基礎が無いと
直した後に影響がでる可能性が
あります。



よくある話で見えないところを
しっかり工事をしておかないと
あとで、トラブルの原因になります。



一度弊社が手を入れてしまえば
初めに建てた会社さんはもう関係ないと
自分は考えて家づくりをしています。



あとからトラブルになりそうなら
はじめのうちにしっかり処置を
することがお客様のためになると考えますよね。



監督歴が長いとすぐ目が行ってしまいます。




IMG_5013

まじめに家づくりを考えている金原です。

今日から駐車場の外構工事をはじめました。
敷地の関係で入口を広げて使い勝手をよくする
工事をするところです。


ブロック塀を取ることからの工事ですが
その前に植栽の伐採なのどの前準備が
ありました。





こんな感じの状態から植栽を伐採して根っこを
取っておきました。そして、土木屋さんの出番です



MG_5014

今回の工事は別として家づくりでは
家のプランは大切になりますが生活して
いく上では、家族数に合わせた車のこと



そう、駐車スペースなどの計画も合わせて
行わないと、あとから車の台数が増えた時
また資金を出して外構工事をしないといけない
場合が発生します。



なので建物プランと建物の位置(配置)を
あわせて、家族数の変化も考えて建物の
位置を決めることをお勧めします。



今回の工事は入り口を広げる工事ですが
ケースによっては、大きい工事なることも
よくある話ですよ。



建物の位置についてはプロと
よく相談して下さい。
ya7

マイホームの1丁目一番地 NO2

前回マイホーム購入の時業者選びでの
注意することをかきましたが、それに
追加しておきたいことを伝えますね。


建てる土地が宅地なのかどうかを
まず、調べる事これが一番でその次に
敷地の形を測ること、これが大切になります。



理由は、敷地は公図などで決まっていますが
だいたい登記簿の面積と実測と面積とは
違う事が多いです。違っていると面倒なこともあります。



そこにどれくらいの建物が建てる事ができるか
面積比率が建築基準法で決まっています。
それが違うと希望の大きさの物ができないこともあります。



ya8




二番目に確認することは、
「敷地を測らせて下さい。 お隣さんとの境界はハッキリしていますか。」
とこのような言葉がでる業者さんは、まじめな会社が多いです。



まじめな信頼がおける会社選びはここができていないといけないと
思いますよ。これって専門用語で
  敷地調査 と言います。



気に入った会社さんの話を聞いたあとに
この言葉がでるとまじめ会社さんですよ。

IMG_4974

まじめが一番だと思い、お客様のために家づくりをする金原です。

夏から始めた改修工事が終わりました
家の中で部分的に改修をさせてもらい
今日片付けをしてきました。


内容は廊下階段のクロスの貼り替え
和室の襖貼り替え
内窓取付(和室仕様)
エアコンのメンテナンス




そして今日は間仕切り壁に
穴(開口)をあけて障子を
取付ける工事が終わり無事引き渡し



IMG_4850
このお宅は25年前にウチで新築させて頂いた
お宅なので、構造もわかっていたので
壁に穴(開口)をあけることに不安はありませんでした。



それはしっかり図面があって確認できていたので
できました、平成の建築の家もリフォームの
時期が来ていると実感した仕事でした。
ITAL CAMERA

現場日報ブログ マイホームの一丁目一番地って?

マイホームを計画しようと思った時
まず一番はじめになにをすればいいのか?
初めて家をつくる人は考えますよね。


折り込みチラシで調べたりまた
ネットで調べたりしますね。
そのあと実際の現場見学会や
展示場などに行かれると思います。



そこで、現場見学会や展示場で見た
建設会社が気に入って話が始まると
思います。そこからどんな流れで
進むのか



これからまじめ会社かどうかの差がでます。
メーカーなどは、カタログやプランがしっかり
決まっているので、即カタログから気に入った
プランを選択するところもあるそうです。


また、他の建設会社はまず、希望のプランを
ヒアリング(聞き取り)をはじめ、お客様に
あったプランを何回かつくり提案しています。


そこに行くまでには、各社さん下準備は当然
していると思いますが。プランや敷地の形を
みるよりも大切なことって

IMG_4241


実は土地の内容を調べることです。えぇ??と
思いますよね、土地には地目と言い宅地でないと
家は建てれません、なのでここをはじめに
調べてくれること、そしてその土地がどんな
建物が建てれるのか調べてくれる会社が


まじめな会社だと思いますよ
実際計画中の土地の中に農地があり
農地転用が必要となり工事が遅れた
人を実際みています。


なのでそんなことがないように
楽しいプランやヒアリングのまえに
建てる土地のことを聞いてくる
建設会社さんと話すすめることを
お薦めします。

IMG_4912
今週から始めている大規模リフォームの様子です
計画から着工までだいぶ期間がかかりましたが
無事着工しました。



初めは建替えの話からスタートして
次に骨組みを残して全改修の計画
そして、最後に生活に必要な場所だけの
改修となりました。



お施主さまは現在の建物を建てた
思い入れがあり、新築も良いけど
できれば自分たちが建てたものを
活かして新しくしたとと言う希望が
あったので今回は新築並みの工事内容に
なっています。
IMG_4955
なので、解体も柱のみ残して
壁 天井 床まで取ります
さらに窓も 断熱性能の高い物に
全て入れ替えます。



そうすると10%になっても
次世代ポイントが使えて
地元商品と交換ができます。



これからが本格的な工事です
喜んでもらえるように
かんばっていきます。



IMG_4944

まじめが一番だと思って、お客様のために家づくりする金原です。

今週末の日曜日に定期相談会を行います。
残暑が続いていますが、これから秋に向けて
家について、何かお困りことがあれば
ぜひこの機会に相談会に足を運んでください。



この10月から消費税が10%になりますが
政府の政策で次世代ポイントと呼ばれる
還元されるポイントがあり地元の商品と
交換できる制度があります。


増税後もまだお得になることも
ご説明します。新築工事もローン減税3年
延長していますが、意外に知らない注意事項もあります





IMG_4943
また、新築以外に水廻りの工事をすると
次世代ポイントの対象になり、これもまた
お得になります。増税後だからあきらめないで
ぜひ、お越し下さい。



なお、今カク山木材建設の事務所1階を改装準備中です
いままで1階の事務所を2階に移動して営業しています
ご来場のかた、お手数をおかけしますが2階までお上がり
下さい。
IMG_4879

お客様ために日々新しい情報を仕入れるために勉強している金原です。
昨日は、岡谷商工会議所でブログの初心者向けの
セミナーに参加してきました。


日々のブログで自分に欠けている物や
新たに取り入れないといけないこと
どうすればお客様のお得な情報を伝えられるか。
などなど自分なりに研修してきました。




IMG_4877

講師の方は女性で参加の方も
比較的女性が半分以上いたような
感じがしました。


ここにオジサンが座ってセミナーを聞く
勇気だけでも自分はよくやったと思いました
でも2時間半のセミナーはあっという間に
終わった感じで良かったです。


また自分のやっている事の再確認と
すぐ直さないといけないことが
わかってこれからお客様にうまく伝える
ようにこれからも頑張っていきたいと思います。


講師の増沢さんありがとうございました。