ブログ

IMG_4484

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

今日は不動産取引の所有権移転と
精算をしました。


先月から進めていた中古物件の売買が
本日決済して、買主さんの所有に変わりました
不動産取引の場合は物件の案内から


金額の査定 売主さん買主さんに
状況の説明、今後の計画などを説明し
双方が納得して初めて取引に進みます


なので物件が気に入ったとしても
宅建業法の説明や手続きがあり
すぐに取引できません。

ここでしっかり説明してさらに
取引業者として「真実を伝えること」
これが一番大切なことです


これをしっかり伝えたあと
融資の手続きなどを経て
固定資産税の精算などを済ませて


はじめて取引が終わります
不動産取引は書類作成や説明
これに時間を費やして


お互い ウィンウィンの関係で
取引を終えることが一番ベストです
そのためにはしっかり時間をかけ
説明することが重要になります。

そうすると売主さん買主さんのためになるので
そう思って今日取引をしました。

 
IMG_4735

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

弊社事務所に薪ストーブが設置されました
いままで寒い事務所でしたが
今日から暖かく、仕事ができそうです


この時期はストーブ屋さんは
大忙しで順番待ちの状態
弊社も10月の上旬ごろで


予約をしましたが
ここまで待つことに
でも、無事設置が終わりほっとしました。

空気を暖める
薪ストーブは輻射熱と呼ばれる
機械で噴き出す暖房と違い


柔らかい暖かさで
一度体感するとやみつきに
なるくらいいいですが



薪を集めることが大変です
でも、集めることが楽しみになれば
趣味になり、たくさん集まりますよ。

薪ストーブは炎も見えます
その炎を見ていると
気持ちも落ち着きます。


そんな効果があるので
住宅の暖房としても
人気で、長い間選ばれる
要因になります


メンテナンスは年に1回か2回
薪を確保できれば
エコでクリーンな暖房器具


取扱いは、当然 火を使うので
細心の注意は必要ですが
扉さえ閉めておけば、
出かけても大丈夫

この機会に薪ストーブの
生活始めませんか?





IMG_4731

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

住宅購入の建てる時期はいつなのか?
このことについて、諏訪湖ハイツで
カク山木材建設による資金計画セミナーを開催


2組の若いご夫婦とちいさなお子さんに
参加して頂きました。


話をしたのは、カク山の金原で
内容については、消費税が10%に
なった時どんな優遇税制があるのか


さらにどんなメリットデメリットが
今後あるのかにつて、詳しく説明しました


さすがに、この手のイベントの参加者さんは
とにかく 真剣です、話の途中から
質問があったり、自分のマイホームの
ことを本気で考えていました。


内容につて住宅ローン減税が延長しても
来年に入居しないと、3年延長が使えないと
説明すると、みなさん驚いた表情でした。


そうですよね、プロの自分たちは
知っているけどこれから購入される
人でも知らないことが多いですから

IMG_4733

そんな真剣な姿勢をみると
こちらも、ついつい熱が入り
少し時間オーバーになってしまいました。


アンケートには、
「すこしわからないところもあったけど
 セミナーに参加してよかった。」 と
書いてあったときは 安心しました。

おかげさまで、次回のアポも頂きました。

参加者のみなさま、貴重な時間を頂戴して
本日はありがとうございました。
スタッフ一同感謝です。


IMG_1088
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

川岸の新築工事が完成です
自然素材の床パイン材に
アクセントのあるキッチンが
目をひきます。

薪ストーブの周りで
家族だんらんの生活を
スタートさせてください。


また開放感のある
階段もモダンシックでいいですね



笑顔が絶えない
マイホームになりますね。
IMG_4712

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

現在、弊社事務所の改修の様子
木工事が約1/3程度終了しました
これから、メインの工事になります。


他の工事と併用しながらなので
進みは少し時間はかかりますが
ちょっとずつ、できあがってきてます


メインの増築部分の下準備も始めました。

改装完了に向けて頑張ります。

週末には資金セミナー
建て時はいつ?
知って得する情報が聞ける
セミナーを開催します。

ぜひお越しください。

IMG_4646

IMG_4654

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

大規模リフォームの様子です
今週からアルミサッシの取付をしています
古い柱など斜めになっている所を直して
付けます。


アルミサッシが付くまでは
進んだように見えませんでしたが
取付はじめると、出来たように見えるので
不思議ですね。

取付けるサッシも
次世代住宅エコポイントも
使える断熱ペアガラス仕様です

これだけ工事なので
新築並みの仕様でいこうと
お客さんと話をしていたので
当然ですね。


今週中には8割のアルミサッシが取付できそうです
これからは寒くなる一方なので
早く取り付けたいと思います。



IMG_2285

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。
この時期になると毎年数件程度
依頼があるカーポート工事
雪が降る前に完成させたい工事です。


先日も電話でOBさんから
カーポートの依頼があり
先週訪問して工事をすることになりました。

IMG_1036

雪かきのことや
急に雪が降ると、通勤の時に
余計な時間を取るので困りますね。


そんなことなのか毎年依頼があります。
これは去年施工させて頂いた
カーポートの写真です。

IMG_2288


カーポートは地域柄
特徴があるように思えます
それは 積雪荷重についてです


今回のOBさんもカーポートの
条件に積雪50cm対応の
商品を希望されました。


一度に50cmは降らないからと
安心していると、降り積もった料が
50cmを超える事はよくあることです。


また30cmでも
湿った雪の場合50cm相当に
なることも予想されるので
より安全を求めると思います。


いまは量販店でも
価格を抑えたカーポートが売っています
それも施工付きで


でも、本当に価格だけでいいのかは
疑問に思う所があります
これからは自分の経験を話します。


数年前にお客様を紹介をされたました
聞くとカーポートをホームセンターで
買ったけど屋根が割れたり、可動部分が
調子悪いので修理をして欲しいとなりまた。


聞くと価格が魅力で工事したが
積雪や商品の品質を考えて
依頼をしていなかったので数年で
調子が悪くなったそうです。


そこで全て不具合を修理しました
結果、しっかりとした商品にした場合と
金額は変わらなくなったそうです。


そんなことなら地元工務店で
積雪やメーカー品の信頼のおける
モノを付けた方が、金額が高いと思っても
メンテナンスを含めたことを考えると


お安くないですか?
どうでしょうか





IMG_4603

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

今日は一年に一度のカク山木材のお祭り
OBさんのみ招待をして、社長のそばと
自分の作るトン汁をみなさんに食べてもらう
イベントです。


例年約100人程度の来場があり
社長のそばを食べたくて
毎年来ていただけるOBさんが
本当に多いです。


またカタログを置いておくと
リフォームの話まで頂きました。

さらに毎年空くじなしの
景品を用意しているので
毎年OBさんには喜んでもらっています。

IMG_4603


また参加できないOBさんからは
長芋2箱の差し入れをもらい
それも景品にさせてもらいまた。

みんなに協力を頂いていることに
感謝して、さらに業務のほうも
しっかりやっていきます。

今年も例年とおり
そばもトン汁もおかげさまで完売
致しました。ありがとうございます。

これも小さい小さい地域貢献ですかね。

IMG_4576

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

消費税が10%になって
約1ヶ月が経ちます。

増税後は、いろんなポイントなどが
あり、これから計画しても
お得なこともたくさんあります。


でも、お得なことも知っていないと
チャンスを逃すことになりかねません。


新築工事もそうですが
いままでのローン減税から
どんな風に制度が変わったのか?


優遇税制ってどんなものがあるのか?


金利や年金のリスクて一体なに?


マイホームを建てるときに必要な
資金はどれくらい必要で、いくら借りたら
自分は良いのか、わからいことだらけですよね。


その不安にお答えするセミナーを開催します

お得なローンの返済方法
知らないと損する制度のしくみ
いつ建てたらベストな時期なのか


このことを中心にお話します
セミナーは私が話すので
お気軽にお申込み下さい。


申し込み方法は
メール FAX 電話 で
住宅資金セミナーに参加 と
言ってください。

お待ちしています。

IMG_4572

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

リフォーム工事で注意したいことについて
少しお話します。

大小かかわらず、リフォームは壁を取ったり
天井を取ったりすることがあります
大規模リフォームになると


建物の間取りが大きく変わることも
よくあることです、弊社も柱のみに
してから工事をする物件がここ数年
急に増えました。


そこで自分たちが注意していることを
いくつかあげます。


大規模リフォームの場合まず、お客様には
「金額は新築工事と大きくは変わりません」
「解体してみないと正確な金額が出ないので概算です」
「構造上希望の間取りにならないこともありますよ。」
「手作業なので工期は十分いただきます。」

このことをまずお伝えします
けっこう厳しい言葉ですが理由があります

金額ににつては、新築工事と違い
機械が使える工事がほとんどありません
これに耐震改修がつくとなおさら
基礎工事は手作業で時間がかかります。


間取りにつては、自分の場合
柱を取ることは基本やらないようにしています
それは意味のない柱は一本もないと考えているので


中には、構造上問題ない柱もあります
それは取りますが、昭和の建物は
取りたい柱はだいたい2階の床を支える


ようになっていて、解体してみると
柱が抜けないことが多いです。
昔の図面を見ると、大丈夫そうなように
なっていますが、昭和40年代から10年間ぐらい

図面と建物の構造が違うことがあります
これは、この業界で長く仕事をしている
経験からくる答えです


伝えたいことは
「お客様の希望の間取りにできますよ。」
このことはリフォームだと注意が必要です。

自分は
「希望のとおり間取りにしたいですが
 中には抜けない柱 壁があるので
 それをまず、残して計画しましょう。」

「壊したあと、抜けそうならその時金額をだしますね。」

こんな提案してます
全部できるなんて言って、できないと
お客様のための家づくりではないと思っているので。