どちらの選択も正解ですがコストで比較しないで下さい。

IMG_4290

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

大規模リフォームの木工事の様子
大工さんがあともう一息のところまで
工事が進んでいます。


この現場は平成に弊社で新築をしたお宅
構造的なものは問題がないので
補強の必要がありませんでしたが


当時は付けなかった金物は
今回の工事で付けてあります
せっかくの工事なので補強を兼ねています。


大規模リフォームは構造的なものが
しっかりしていれば、良いですが
そうでないものは検討が必要です。


壊してみないとわからないことが
多いので費用もそれなりかかります
近頃 弊社は大規模リフォームの物件が
かなり増えてきています。


お客様の希望や要望にこたえる仕事を
するつもりでいますが、場合によっては
大規模リフォームか建替えなのか



判断が難しいケースもあります
どうしても建替えできないケースの
場合は大規模リフォームになりますが


建替えか大規模リフォームのときは
両方のメリット デメリットを
説明します。


大規模リフォームの場合
思い入れのある場所は残せる
増築しない限り屋根と基礎工事はいらない
使える設備はそのままにできる
などなどあります。


デメリットは
構造上、柱が取れない場所があり
納得した間取りにならない。
しっかりとした構造でないと耐震工事に
コストが多くかかる。
どの業種でも、壊して 直して 造るの
3つの工程が必要になるのでコストが上がる


建替えの場合
気にいった間取り、設備になる
耐震は今の建築基準法に適応できる
10年間の瑕疵保険適用がある


デメリットは
引越しをしなと工事ができない
借入が必要な場合30年から35年のローンになる
コストが大規模リフォームよりかかる可能税がある




などなどありますが、コストを比べ考えることや
これからのライフスタイルをどうするかによって
変わってくると思います。


コストもそうですが、これから生活する
マイホームでどんなことをして生活したいのか
考えることが大切になります。


マイホームにあとどれくらい生活するのか
どちらの工事でも楽しくわくわくする
生活が待っていますよ。


大規模リフォーム 建替えは
ライフスタイルをまず考えて下さいね。