リフォームを検討する時はなにが大事

IMG_5449
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

和室2部屋をひとつにする
リフォームの様子です

建物がだいぶ古いので歴史を
感じます、予想はしていましたが
床壁は水平と垂直が狂っていて
直しが必要でした

リフォームを検討する時に
もともとの建物の築年数を
調べることは大切です

理由は昭和53年前は
耐震基準が無く建物の
強度が弱いからです。

それをリフォームする時は
しっかり費用をかけて
耐震補強をするか

耐震補強までしないが
ある程度の補強で済ますか
どちらかになります。

あくまで、耐震補強をした方か
だんぜん、良いですが
内容を確認すると、費用の事が関係します。


基礎が無いとコンクリートで作り
残す部分があれば今の基準法に
合わせる必要がかります。

柱と梁と土台の状態から
金物の取付や筋交いの補強
新築と同じくらいの仕事量

そこまでの予算があれば
耐震補強をお勧めしますが
予算がオーバーすれば

また、違うリフォームを
一緒に検討させていただきます。

さらに、新築と同じ量の工事なら
思い切って建替えの検討もありだと
思いますよ。

あと、新築建替えは
気に入ったプランになりますよ。