予算をかけるところを変えてみませんか

IMG_3334

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

予算もありますが、これからの時代
大きな家は、検討したした方が
いいと、個人的には思っています。

昭和 平成の時代は、大きい家を
作っていました、時代が過ぎて
令和になり、平成の家でも

もう30年前の家なります
昭和の家よりはしっかりしていると
思いますが、でも30年です。

30年経つと、小さかった子供さんも
進学 就職 してきますが
いままでの家に生活していれば良いですが

県外などで、就職すると
こちらに戻ってくるこが少ないと思っています

昨年も、県外に住んでいる方の家を売却しましたが
もうこちらには、戻らないので処分するとなりましたが
約一年以上かかって売却です。

子供さんが県外で夫婦ふたりきりの
場合も、大きい家は、使う部屋が限られて
いらない部屋が出てきます。

掃除も大きいと大変、リフォームで壁の
塗装は費用がたくさん掛かります
暖房光熱費も大きいと負担になります

なので、大きい家はできる予算はあるけど
あえて、小さい家を薦めます、そうすると
子供さんが独立して、家を離れても

小さい家なら、ふたりでちょうどいい
大きさの家が残ります、さらに
さっき言った、リフォームの費用と光熱費は
抑えれます。

必要最低限の部屋があれば
かしこく生活ができます
小さくして、その分の費用を

キッチンやお風呂
外壁にお金をかけましょう
予算の使うところすこし変える

だけで、かしこく生活できますよ

20年後にちょうどいい大きさの家を

検討してみませんか?