意識を持つと金額が変わる可能性もありますよ

IMG_4871

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

現場日報です。
アパートの共用廊下の改修工事を
始めました。

長年使っていると
経年劣化で傷みが出てきます
住宅であればすぐに気づきますが

今回のように共用廊下などは
入居者さんもあまり気にしないところ
なので、だいぶ傷んでからの修繕


もう少し早くわかれば、修繕費が抑えられたと
管理している方がいるのでいいですが
いないとさらに傷口が広がります。


アパートだけではなく住宅も同じで
少し気になったら、工務店に連絡を
入れてくださいね。




定期的に住宅メンテをしている住宅と
そうでない住宅は、修繕やリフォームする時に
大きな差が出ます、何かと言いうと

金額です

毎年10万くらいで5年間メンテしたとします
その場合5年後は修繕があっても金額は抑えられると
思います。あちこちが経年劣化をすることは無いです。


毎年何もしなくて5年後に修繕などをした時は
5年間くらいなにもしていないので、劣化ひどい時は
作業工程が増えて金額も増えます 50万で済めば良いですが
それ以上かかることがありますので注意して下さい。


でも毎年修繕する必要はないですが意識として
少しずつ、状態が良い時にメンテをすることを
お薦めします。

車の車検と同じですね。