断熱材って種類そんなにあるの?

IMG_0745

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

新築でもリフォームでも壁や天井を
直すと、断熱材が必要になります
以前は断熱材と言えば


グラスウールでした、でも当時はそれしか無く
選択肢はほとんど無かったと思います
でも、今は技術が発展していろいろあります。


板材の発泡スチレン材やコルク
また板材のウレタン材などなど
使う方も考えます


金額もまた大きく変わるために
一般的にグラスウールの比率が
おおくなりますが、グラスウールの中でも


グレードが分かれていて
高性能断熱材などもあり
本当に使う方が勉強が必要です。

写真はその中でも比較てき
高断熱のグレードの
発泡ウレタン材

これは現に合わせて決められた
厚みまで、壁の間に吹付ます
これの良いところは

隙間なく断熱材は入り気密が
良くなるところです
金額が一般的な断熱材より
高価になります。

これは、機械の設備も特殊な物を
現場まで運び、家中、断熱材が
他所に飛散しないように

ビニールで養生するなどの
手間がかかるためです


いろんな断熱材がありますが
まず、工務店さんに断熱材の
仕様を聞きましょう

そこで自分の予算と検討して
断熱材を決めた方が
予算オーバーしなくて良いですよ。