最低限この二つは外せませんよ。

IMG_5273
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

いったい何の写真?ですね
今日は不動産屋さんの依頼で
中古物件の売買にあたり

雨漏りがあるかないかの
診断をしてきました。

中古物件では、ほとんど売主さんが
責任をもって修繕することが
多くなっています

売買の前に屋根裏に入って
雨漏りがあるか、過去に雨漏りが
あったのかを調査診断します

この調査を怠ると
引き渡し後に雨漏りすると
クレームになります。

そうならないために今は
インスペクションと言いう
制度も作られ、家じゅうまるごと
調査診断することがあります。


今回はそこまでではないですが
自分の得意分野の調査をしてきました



雨漏りの他に床の傾きや柱の傾きも
機械を使い計測し報告です。

インスペクションは費用がかかります
予算と相談ですが、せめて
雨漏りと床下の白アリの調査は絶対ですね。

中古物件を検討の方は
この二点は抑えておいてください
他については設備の劣化や床の傾きは
ある程度許容範囲であれば目をつぶるくらいにして
おいてくださいね。

やーでも冬で良かった、これ夏だと蒸し風呂
状態で結構しんどい調査です。(笑)