NO.1034 いいデザインを周りから見つけてみてはいかがでしょうか

IMG_4891
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

6月に入り近頃雨が続きます
そうです、梅雨に入っているので
当然ですね。

新築現場もリフォームの現場も
雨が降ると外工事はストップします

大昔そう、昭和のころは
「カッパを着て作業しろ!」
そんなことを言われて

それが当たり前のように
現場で作業をしていましたが
今、思うと危ないことをしていましたね (笑)

今はもう雨の日は危ない作業は中止
職人さんの安全確保を優先しています
特に屋根工事などの高所作業は中止

どうしても雨の日に確認することが
あります、それは雨漏りの実態調査です
古い家になると経年劣化などの問題で雨漏りします

どこから雨が入るのかわからい家などあり
原因を見つけた時は本当に嬉しくなります。
屋根裏で懐中電灯を持ってガッツポーズを
したこともありました。

そして、雨漏りがない家づくりはできないものか
よく考えますが、それは、なかなか永遠のテーマ―に
なりそうで考えこみますが

ひとつ、言えるのは屋根の形を
シンプルな形にすること
これだけで雨が入る原因が減ります

いま、ソーラーパネルを乗せるため
片流れの家がだいぶ増えています
これは、シンプルで雨漏りの可能性が
減りますね。

また、片流れでなく切妻の屋根も
雨漏りが少ないと思います
あと、屋根の角度ですね

専門的に言いうと
勾配です この勾配が
ある程度角度が付いていなと

雨漏りの原因になります
マイホームを検討の方は
周りを見回して下さい

どんな屋根が多いのか
見ておくことも
いいデザインの家づくりなりますよ。