NO.1035 屋根材の選び方でいろいろ変わります

IMG_2145
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

昨日の天気と違い
今日の暑さはこたえます
6月で梅雨なのに事務所は
暑すぎて汗がダラダラです。

そんな状況ですが
新築工事の屋根について
前回形がシンプルで勾配が
大事だと言いました。

屋根と言っても材料によって
見え方が変わり外観により
屋根の材料選びかたも検討が必要です。

よく提案する屋根材は
金属のガリバニューム鋼板です
IMG_4889

これは価格もお手頃で寒冷地では
凍害にならない材料
15年以上で塗装が必要となる

デメリットがありますが
予算と見た目で言いうと
お薦めです。

同じ金属でこちらの材料は
IMG_2145

いま結構使用している屋根材です
シンプルな建物などに合います
特徴は雨漏りで話した

勾配のことですが
この材料は屋根の角度が少し
無くても雨漏りしにくのが特徴です
これも塗装が必要になります。

昔からある瓦屋根
IMG_3914

これは主に和風の建物にあいます
いま和風の瓦のほかに、洋風の建物に合う
洋瓦があります、ここからは私の好みと
考えが入りますが、屋根は雨漏りの心配や
メンテナンスを考えると瓦を薦めます

洋風の建物に和瓦は乗せませんが
洋瓦ならお薦めです、それと
メンテナンスが大変な建物
IMG_5342
このような3階はメンテナンスがいらないように
するために提案することがります、メンテナンスが
いらないのがメッリト、デメリットは材料が重い事
金額が高い事

これはしょうがないことなので、建物を構造計算して
補強すれば問題ありません、高級ハウスメーカーさんの屋根材が
洋瓦が多いのは以外に気づいていない方が多いと思いますよ。

あまりお勧めしない屋根材はこれ
スレート瓦ですこれは、デザインが良く
価格抑えてありますが、暖かい地域なら
問題ありませんが、寒冷地はダメです

経年劣化で表面が剥がれ、雨を吸った材料が
劣化して最後は屋根材の上に乗ると
最悪の場合割れます

屋根材はまだありますが
弊社でお薦めは今日紹介した
屋根材がいいと思いますよ。

また廻り見回して下さい。