敷地の測量

  新築工事でもリフォームでもやっておかなければいけない事
それは、敷地の測量です。

新築工事はもちろんだと、皆さん思うでしょう。
しかしなぜリフォームも必要なのか、増改築等で
建築基準法で敷地に対して増築をして良い面積が決まっています。
その面積を超えると確認申請の許可がおりません
従って、増改築等は特に敷地の面積に気を使います。

そしてもっと難しいのが増築をすると、既存の建物(今住んでいる家)も
今の建築基準法に適合させないと、許可になりません。
昔と違い建築基準法はだいぶ改正されています
増築工事は、今の建築基準法に適合できるかどうか
それから検討をします。
そして、敷地の測量します。

そこで今日敷地を測量するために、近隣の境界の確認をしてきました。
あとは、お施主と近隣の方の了解がもらえれば測量となります
さあ これからです。