ブログ

IMG_6319
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

現在リフォーム中の現場
木工事がもう少しで終了します。

構造が木造でないので
少しかってが違うので
時間はかかりますが

なんとか今週には形になりそうです。

ウイズコロナですが
リフォーム工事は順調で
他の工事の予定もあり
ありがたいことです。


IMG_6326
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

6月も、もう少しで終わりですね
7月19日にショールームにて
新築 リフォーム相談会を開催します

リフォームをするには
これからは良い季節だと
思いますよ。

今、着工中の大規模リフォームも
あともう少しで完成引渡しとなります

キッチンの入替やシステムバスへ
作り変えることなど
興味があればぜひ問合せ下さい

週末も営業していますので
お気軽にお問い合わせください。



IMG_6307
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

イベントや相談会の準備に向けて
ショールーム内の感染予防対策をしています。

以前からマスクや消毒液などの対策は
十分とっていますが、飛沫対策には
少し不十分でした。


ここで、5月に注文をしておいた
飛沫防止の透明パネルが届き
組立とショールームに合わせた
塗装も完了して設置終了しました

塗装前のパネルはこんな感じ

周りの雰囲気に合わせて仕上げを変えています
ショールームはシックな雰囲気なので
テーブルの色に合わせて着色して

ミーティングルームはお客様と
図面やプレゼンなどで使うので
色を付けずに、明るく仕上げています。

移動制限が解除となりましたが
いぜん、感染予防には注意が必要です
ショールームの打合せでもパネルが
あれば、お互いに安心ですね。

受付は、お客様以外の訪問の方も
いるので、従業員の健康と安全対策と
考えています。

ショールームはいつも午前10時から午後5時まで
オープンしています、来場されるときは
連絡していだければ、3密にならないように
調整しますので、ぜひご予約下さい。

IMG_4408
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

移動制限が出ていた長野県もやっと
制限の解除となり動きが出始めると
思います。

でも、油断は禁物で長野県は
東京への移動は慎重にと
発表がありました。

制限の解除があったので
控えていた相談会やイベントを
再計画する予定です

6月の後半には相談会などを
予定したいと考えています。
決定すればあたらめてアナウンスします

IMG_5589
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

断熱材は建物内の熱を逃がさない役目
外からの熱を伝わらない様にする役目
両方があります。

新築工事などでは一般に
グラスウールが良く知られています。

地球温暖化のために建物は
断熱性能が高いものがもとめられていて
CO2をあまり出さない住宅にこれからは
変化していくと思います。

そうすると、建物の断熱材は
性能が高いもの代表的な
発泡ウレタン材がお薦めです。

隙間なく断熱材が入り
10cmほどの厚みが確保でき
断熱性能的に数字も良いです。

また現場で吹き付ける方法とは
別に、工場でパネル化されて
納品される商品もあります。

どちらも良いと思いますが
自分の主観としては

金額が高くなりますが
パネルの方を薦めます

理由は、パネルの方が工期を短縮が
可能で、上棟時にパネルも入れることが
できます、でも場所がない現場は
現場の吹付が有利だと思います。

どちらにしても、グラスウールよりは
金額は上がりますが、室内の温度差が少なく
ヒートショックになりにくい住まいができます

建設時はコストアップになりますが
長い目で考えると、経済的で体にやさしい
住まいができて、安心した生活が実現しますよ


まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

今日は朝から現場廻りの一日
アパートの修繕工事の進捗から
OBさんの建具の修理準備で
業者さんと打合せに行ったり

工場内で、商品の組立作業
別のOBさんの外構工事の進捗打合せ
夕方には、浴室の水栓器具の
水漏れの下調べに伺いました。

カク山に関わったお宅の工事
改めて、住まいづくりは完成した
あとからが、大切なことと
気づきました。

新築してからからのお付き合いが大切で
相談ことがあれば、すぐに対応します。



IMG_2145
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

昨日の天気と違い
今日の暑さはこたえます
6月で梅雨なのに事務所は
暑すぎて汗がダラダラです。

そんな状況ですが
新築工事の屋根について
前回形がシンプルで勾配が
大事だと言いました。

屋根と言っても材料によって
見え方が変わり外観により
屋根の材料選びかたも検討が必要です。

よく提案する屋根材は
金属のガリバニューム鋼板です
IMG_4889

これは価格もお手頃で寒冷地では
凍害にならない材料
15年以上で塗装が必要となる

デメリットがありますが
予算と見た目で言いうと
お薦めです。

同じ金属でこちらの材料は
IMG_2145

いま結構使用している屋根材です
シンプルな建物などに合います
特徴は雨漏りで話した

勾配のことですが
この材料は屋根の角度が少し
無くても雨漏りしにくのが特徴です
これも塗装が必要になります。

昔からある瓦屋根
IMG_3914

これは主に和風の建物にあいます
いま和風の瓦のほかに、洋風の建物に合う
洋瓦があります、ここからは私の好みと
考えが入りますが、屋根は雨漏りの心配や
メンテナンスを考えると瓦を薦めます

洋風の建物に和瓦は乗せませんが
洋瓦ならお薦めです、それと
メンテナンスが大変な建物
IMG_5342
このような3階はメンテナンスがいらないように
するために提案することがります、メンテナンスが
いらないのがメッリト、デメリットは材料が重い事
金額が高い事

これはしょうがないことなので、建物を構造計算して
補強すれば問題ありません、高級ハウスメーカーさんの屋根材が
洋瓦が多いのは以外に気づいていない方が多いと思いますよ。

あまりお勧めしない屋根材はこれ
スレート瓦ですこれは、デザインが良く
価格抑えてありますが、暖かい地域なら
問題ありませんが、寒冷地はダメです

経年劣化で表面が剥がれ、雨を吸った材料が
劣化して最後は屋根材の上に乗ると
最悪の場合割れます

屋根材はまだありますが
弊社でお薦めは今日紹介した
屋根材がいいと思いますよ。

また廻り見回して下さい。
IMG_4891
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

6月に入り近頃雨が続きます
そうです、梅雨に入っているので
当然ですね。

新築現場もリフォームの現場も
雨が降ると外工事はストップします

大昔そう、昭和のころは
「カッパを着て作業しろ!」
そんなことを言われて

それが当たり前のように
現場で作業をしていましたが
今、思うと危ないことをしていましたね (笑)

今はもう雨の日は危ない作業は中止
職人さんの安全確保を優先しています
特に屋根工事などの高所作業は中止

どうしても雨の日に確認することが
あります、それは雨漏りの実態調査です
古い家になると経年劣化などの問題で雨漏りします

どこから雨が入るのかわからい家などあり
原因を見つけた時は本当に嬉しくなります。
屋根裏で懐中電灯を持ってガッツポーズを
したこともありました。

そして、雨漏りがない家づくりはできないものか
よく考えますが、それは、なかなか永遠のテーマ―に
なりそうで考えこみますが

ひとつ、言えるのは屋根の形を
シンプルな形にすること
これだけで雨が入る原因が減ります

いま、ソーラーパネルを乗せるため
片流れの家がだいぶ増えています
これは、シンプルで雨漏りの可能性が
減りますね。

また、片流れでなく切妻の屋根も
雨漏りが少ないと思います
あと、屋根の角度ですね

専門的に言いうと
勾配です この勾配が
ある程度角度が付いていなと

雨漏りの原因になります
マイホームを検討の方は
周りを見回して下さい

どんな屋根が多いのか
見ておくことも
いいデザインの家づくりなりますよ。


IMG_6257

まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

今日は数ヶ月ぶりの
リアルな研修をしました。

いままでは、オンラインで話を
していましたが、今月からやっと
リアルで話ができるようになり
一歩進んだ感じです。

数ヶ月前の記憶をたどりながらの研修
オンラインでは、ない感覚もあり
新鮮に思えるところばかりで良かったです。

やはりリアルだとお互いの意見が
伝わりやすいのとオンラインだと
わからない表情がわかります

コロナによって変わる時代と
どう向き合うのか、しっかりと
話すことができました

下を見て歩くより
上を見て歩いたほうが
気持ちもあがりそうです

新しい時代に向けて変わること
しばらくこんなことを考えながら
仕事に取り組みます。


IMG_6254
まじめが一番だと思いお客様のために家づくりする金原です。

陽気が良くなったのか
不動産屋さんからの依頼が
増えてきています。

今まで自粛で経済が停滞して
人の動きが制限されていた分
ここで動き始めたような感じです。

先月からすでにアパートの修繕が
3部屋ありました

普段は2月 3月がとても忙しい時期
でも今年は5月 6月と動きがズレて
これからが忙しくなりそうです。

今日は3部屋目のクリーニングを
終えたところですが
先程電話で、もう一件クリーニングの
依頼がありました。

早速下見に伺い調査をしてきました
少しずつでも、経済が動き生活が変わって
余裕ができてくれば、マイホームの新築の
気持ちが出てくるといいと思います。