岡谷市H様邸

築200年の歴史を持つ、かやぶきの家でこれまで部分的にリフォームをしてきましたが県道の拡張工事に伴い新築を決断しました。
以前、古民家を取り壊した新築住宅の完成前の構造見学会で初めてカク山木材さんの存在を知りました。
旧家と共通性があったこと、木をふんだんに使った温かみのある構造、それに宮沢社長さんの感じのよい人柄で「カク山さんにお願いしよう」と決めました。

木造二階建て、延べ床面積50坪。
家の周囲を歩けるゆとりスペースを設けました。
1階は12畳の和室と20畳ほどあるLDK。さらに吹抜けにしたことと大きな窓を取り付けたことで部屋全体が明るい上、開放された気分になり、来客もうらやましがるほどの広さです。
また長年住んでいた家の思い出を残そうとケヤキの大黒柱、蔵の梁などを下駄箱、板戸に再利用しました。
冬期間は建物全体に柔らかなぬくもりが伝わってくる薪ストーブを設置しました。
室内は換気システムが働き、湿気を防ぎます。
屋根裏から諏訪湖が一望できるロフトは自慢のひとつです。
基礎工事は土台を地面から1m以上上げたことで大雨による水害の不安を解消、地震にも強い長期優良住宅でご近所の方からも「カク山さんに頼んで良かったですね」と言われました。
手抜きもなく、すばらしい職人さんばかり安心して任せることが出来、満足しています。